2008年12月31日水曜日

Steak & BJ

さて、"Steak & BJ"、このタイトルをみて笑っている人はどれ
ぐらいいるだろうか?

ひさしぶりのおとなの英語の読み物を書いてみたい。

自分も、この表現を聞いたのはつい最近である。初めて聞いた時は、
「なにそれ?」であった。非常にアメリカらしい表現とも言えるかも
知れない。

実はその後、友達数人にこの表現を聞いたところ、アメリカ人でも
知らない人も結構いた。ネットの情報によると、この表現が知れ渡った
のは2002年あたりということなので、表現としても比較的新しい
のだろう。

日本語訳は、「ホワイトデー」になる。ますます分かりにくい
と思う(笑)。

まずこの表現の意味の前に、予備知識としてアメリカのバレンタイン
デーの仕組みを書かなくてはならないと思う。

こちらのバレンタインデーは、日本での女性が男性にチョコレートを
あげる、アプローチするといった形ではなく、基本は、男性が女性に
対して花をあげる、プレゼントをあげる、ロマンチックなことを
する、ディナーをセットアップする、といったことをする。カップル
の場合はお互いにプレゼントをあげ合うという形もよくあるが、

日本:   女性 ー> 男性
アメリカ: 男性 ー> 女性

という図で良いと思う。

自分のアメリカ人の友達の言葉を借りると、

「バレンタインデーは、おなじHの為に、いつもより労力が
かかる日」

と説明していた(笑)。

話を戻すと、ちなみに、ホワイトデーという表現もイベントも、
アメリカには無い。少なくとも一般的に認知されたものはないと
思う。

そして、まだバレンタインデーしか無かった頃に、バレンタインデー
が男性が女性に対して、女性の好きな事をするという日なのに、

「じゃあなぜ女性が男性に対して、男性の好きなことをする日
はないのだ」

と言った人が出現し、女性が花やお洒落な食事や、ロマンチックな
デートが好きなのであれば、男が好きなものは"Steak & BJ"だ!
といったことらしい。

つまり、"Steak & BJ"とは、女性がバレンタインデーのお返しに、
3月14日にあげる物のことをさし、3月14日のことを、
"Steak and B.J. Day"とも言う。

ちなみに、BJとはBlowjobの略で ( yahoo!辞書の日本語訳 )、
アメリカでは男の好きな物の代表例は、ステーキとBJというのが
面白い。

fly high

おとなの英語第一回目は、先日聞いた面白い英語表現。

これは英語がネイティブの人でも人によっては知らない
表現なのですごく面白い。

"That guy is flying so high" (あいつはかなり空高く飛ん
でいる)

この文章のみだと色々な意味が想像できると思うが、
この表現を初めて聞いたときに話の流れから意味を
理解するのには苦労しなかった。

流れとしてはこんな感じだった。

A: あの子彼氏いるの知ってるのか?あいつ
B: ああ知ってると思うよ。でもやつ的には多分関係ないんじ
ゃない?
C: でもその彼氏ってかなりいけてないんじゃなかったっけ?
B: そうそう、"That guy is flying so high"

この「空高く飛んでいる」と言われてしまったのは、
いまとある人に狙われている(笑)女の子の、現彼の
ことである。

つまり、この表現はどうやら不釣り合いなカップルの
立場の弱い方をさすものらしい。

気になったのでこの表現は男性のみをさすのかと
聞いた所、男女両方に当てはまるらしい。

この会話の内容が良い悪いは別として(というか、
この内容が不愉快に感じてしまったひとは、「おとなの
英語」の読み物は読まない方がよいかもしれない(^_^))、
面白いスラングである。

2008年12月30日火曜日

[読み物タイトル] なぜ日本人は外国が(外国人が?)ニガテか?(歴史編)

なぜ日本人は外国が(外国人が?)ニガテか?
歴史的な背景を考えてみる。

[読み物タイトル] なぜ日本人は外国が(外国人が?)ニガテか?(経験編)

なぜ日本人は外国が(外国人が?)ニガテか?
海外で働いている経験からおもうことをつらつらと。

[読み物タイトル] カルチャー勉強(応用編)

カルチャー勉強「政治編」。上に上がる、リーダーになるにはカルチャー勉強がもっと重要。
具体的にはどういうことか?

2008年12月13日土曜日

ショートプロフィール

坂口亮 1978年生まれ。

1999年インターンとしてロサンゼルスの映像制作会社デジタルドメイン社で働くため渡米。

2003年「デイ・アフター・トゥモロー」のニューヨークの津波のシーン等を制作後,デジタルドメインを退社し,世界最大手のゲーム会社、エレクトロニックアーツ社(EA)
に転職。EAのワールドワイド部署に所属,アメリカ,カナダ,ヨーロッパにある,EAの各スタジオをまわり,最新の映像技術開発,コンサルティングを行なう。

2005年,デジタルドメイン社に戻り,2008年には「ロード・オブ・ザ・リング」「デイ・アフター・トゥモロー」「パイレーツ・オブ・カリビアン」等の水の表現の技術開発が認められ、同僚2人と共に第80回アカデミー賞科学技術賞を受賞。

2009年,映画「2012」のデジタルドメインエフェクトチームをリードし、ロサンゼルスの破壊シーケンスで第8回米視覚効果協会VESアワードノミネート。

2012-2013年, バンクーバーのスタジオにて「エンダーのゲーム」にCGスーパーバイザーとして参加後、ロサンゼルスのスタジオに戻る。

2014年, 14年ほど務めたデジタルドメインを退社し、スキャンラインVFXのバンクーバー支社に転職。